栃木県庁「時を漕ぐ舟」搬入

栃木県庁に展示されている、トチノキを使った舟のモニュメント「時を漕ぐ舟」の搬入をお手伝いさせていただきました。

2008年1月に完成した栃木県の新庁舎に寄贈されたこのモニュメントは、日光市で切り出された樹齢約350年のトチノキの古木を材料にして、東京都の彫刻家が指導し、地元彫刻家の皆さんが約7か月かけて共同制作したもので、全長10.7m、重さは約4t。

2007年5月、大型クレーンなどを使い、約4時間でエントランスに運び込みました。