東京スカイツリー 構造部材輸送

日本を代表する高層建築物である東京スカイツリーの構造部材の輸送をお手伝いさせていただきました。
高さ634mの超高層タワーの構造部材に使用された鋼材の量は4万tを超え、輸送する部材も10cm以上の厚みの鋼板を用い、非常に複雑な工程を経て作られた数10tのボリュームを持つ、非常に巨大な構造物です。
当然、輸送には多大な困難とそれを解決するノウハウが必要となりますが、弊社では建設期間中、製造工場から現場までの輸送をやり遂げました。輸送した総重量は4,000tにも及びました。
現在、この業務に携われた事を記念し、弊社本社入口付近には輸送した現物と同じ材料から切り出した巨大なリング状の構造物を展示しております。
ご来社の際にはぜひご覧ください。